「慰安婦像」の展示がある限り表現の不自由展は反日活動の一環だ

ニュース

  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

「自由」とは何ぞや

「表現の自由」という表現を無くしてみる

「表現の不自由展」の中に「平和の少女像」=慰安婦像があるということそのものが反日活動なのだ。実行委員会の方々はこれが「慰安婦像として見なければ」などと、少女像に対して擁護、言い逃れを繰り返している。そしてこの行為そのものが、彼らが韓国人女性の従軍慰安婦を保護する側に立っていることの証明でもある。

彼らは口をそろえて「表現の自由を守れ」と訴える。表現の自由という大きなテーマの中に、自分達が主張したい「日本に対する戦争責任の賠償、韓国国民は日本の被害者である」という意向を隠している。「表現の不自由展・その後」という催しは慰安婦像を日本で展示することが目的であったのかと思うくらいだ。慰安婦像という政治的意向をもった反日の象徴の展示が日本で展示不可になったということを、「芸術の自由」が失われるという大きなテーマにすり替えてイコールで結んでいる、そこがおかしい。
彼らの主張は一見筋が通っているようでおかしい、おかしいから反発が起こっている。
表現の不自由展の他の作品は、慰安婦像の展示による反日活動の犠牲になった、というだけだ。

「表現の自由を守れ」と主張しているが、実際は沢山の小さな反戦テーマを持った作品の中に慰安婦像、ひいては日本の歴史否定を隠している。
彼らの真の目的は「慰安婦像を日本の公金を使って展示すること」なのではないだろうか。

「彼ら」は、そのようにして別のテーマを人々に意識させながら本当の目的を潜在意識の中に擦り込むのが得意なようだ。彼らの主張を聞いていると「そう言われてみれば、そうかな」と理屈で考えながら、本質では「何か、違う!」と脳が拒絶するような、正義を主張しているようで擦り込みたいのは嘘や悪意であるかのような、何ともすっきりとしない方法を彼らは取ってくる。

逆にこの展示が再開されたとする。慰安婦像という日本政府が韓国政府に対して撤去を申し出ている、というか撤去することを前提とした条約を結んだにもかかわらずそれを止めないでいる韓国に対して日本が武力でなく「口だけで」撤去の説得をしている慰安婦像を、「表現の自由」という目くらましの主張を通して展示したとする。これが一つの、日本で慰安婦像を展示可能にした前例となってしまう。つまりこれ以降、韓国が無断で慰安婦像を、日本内部の何処かの場所に設置したとする、「あの時は展示出来て、今回は出来ないなんておかしい」とでも主張されてみろ、絶対に、表現の不自由展を、慰安婦像の展示を、許容することは断固として出来ないのである。
世界中の何処に無断で設置されても、日本で展示するなんて馬鹿げた事、あってたまるか。

「表現の自由」という言葉で見えなくされている事実を、隠されている主張を見逃してはならない。言葉巧みに「正しさ」を訴えているように見せているけれどこれは日本に対する戦争責任を問うイベントそれ以外ではない。
彼らが「表現の不自由展・その後」というイベントを企画した時点で主張したい意向には一貫性があったとしか思えない。多くの同じ主張を持つ「いつものメンバー」がバックで動いているんだろうと私は思っている。

韓国人慰安婦が絡んでいる時には同じグループ組織が動いている。彼らは世論を装う事もヤフートップに自分達の仕込んだニュースを上げる事も容易な組織だ。そうやって少しずつ日本人の「普通」をメディアを通じて操作してきた奴らだ。

まぁそれは憶測として、慰安婦像が加わっている限り表現の自由展・その後を日本の、しかも公然の場で税金を使って展示再会するなど言語道断だ。これは政治問題で、自由芸術の範囲内の問題から飛び出ている。自由に国と国との条約を破って構わないと思っている韓国政府と主張は同じか。

税金を使った展示である限り国民がスポンサー

スポンサーの意向に沿わない展示をはねるのは当然

ところで芸術とは誰の為にあるのだろう。芸術家と名乗る人達が、芸術家として活動出来ているのはどうしてだろう。
誰かが金をだしているのである。もしくは自分が資産家であるかその家柄か。

芸術作品だって、衣食住にまつわる商品同様、誰かが金を出すから成り立つのである。衣食住を差し置いて保護されるべき対象では決してない。

認められてもいないのに、公然に披露されてしかるべき芸術など存在しない。芸術というのは衣食住を十分に満たした金持ちの娯楽に過ぎないし、金を出す人がいないと不幸な末路を辿るしかない正直な所。芸術家が芸術家として生きていく為には、人々の、もしくはある種のピンポイントの人達が心から欲しがるしかない、厳しい職種のはずだ、別に自由の為の保護の対象でも何でもない。
表現の不自由展・その後という展示物は誰が認めた作品で誰が金を出しているんだ、今回の展示が税金を使用して行われたならば、国民に「どうですか」と披露して猛烈な批判があったのならばその意向が尊重されない方が正直おかしいのだ。
むしろその展示に使われた経費を国民に返せよ、内容を隠した状態で展示したんだろ?契約違反には当たらないのか?

私達は是非の許可なく日本国民が納めた税金を反日活動に使われたんだ、声を上げて当然だ!!!!!

慰安婦像の展示という反日活動を、表現の自由という把握困難なテーマにすり替えて逃げるな!!

もっと言うならば慰安婦像の展示を推進した代表を逮捕するべきだ。「口で」言っても約束を守らないというやり方を、許容するな、なめられているだけの事だ、この国は強引に捺せば何をやっても許される国だって。

「平和の少女像」というオブジェクトそのものが、芸術を目的とした展示物でない事が問題なのだ。バックグラウンドにある慰安婦問題を、その像を見ただけでは分からない、だって?!これだけニュースでやっているのにネット上に情報がわんさかあるのに、わざわざ芸術を堪能しようっていう文化意識の高い国民が、知らない訳ないだろが、この像が「その他多くのオブジェクトと同じ芸術作品です」って言い切ろうとするところが言い逃れ言い訳に過ぎないのだ。

確かに、ガソリンを持ってお邪魔するなど穏やかではないし問題だし処罰を受けるべきだとは思う。だけどそれをファックスした人と同じくらいこの企画を通した委員会のメンバーも処罰を受けるべきだと私は思う。言い逃れするなと。

天皇陛下に対する不服は、もしかしたら戦前戦後の日本人の中にも、ごく少数だとしてもあったのかもしれないそれは分からない。それを抜きにしても慰安婦像の展示だけは許容されるべきではない、それこそ「悪しき前例」だ。

情がどうのこうの、ぬかしたな。貴方の両親の写真をコラージュにして、それを展示物として燃やされたとする、それを自由芸術として貴方が許容出来るか、考えてみたらどうだ。これは自己の投影であり昇華であると、何の筋も通っていない言い逃れで、公の場で辱めを受けたらどう思う、飼いならせるってか貴方の情とやらを。暴れ馬のように渦巻く憎悪を心の中に押しとどめておけるか。

訳のわからない言い訳はやめろ、アンタらがやってる事はただの人権損害と議題のすり替え、表現の自由に対する抗議ではなく「慰安婦問題を無かったもしくはもう賠償と謝罪は済んだ」とする日本政府の態度に対する「歴史修正主義(貴方達の大好きな言葉ですよね)」に対する怒りだ。
それともアレか、「報道の自由」とやらを盾にして、裁判でも起こすってか?

1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法